RYOMA

高知家ビジネスプランコンテスト(イノベーション部門)

高知県産官学民連携センター『ココプラ』杉本センター長インタビュー

今回は高知家ビジネスプランコンテスト・イノベーション部門『RYOMA』を実施する高知県産官学民連携センター『ココプラ』センター長の杉本様にインタビューさせていただきました。
どのような想いや背景でこのコンテスト『RYOMA』を実施しているのか、お話を伺っていきたいと思います。
%e5%9b%b31

高知県産官学民連携センター 杉本 明 センター長


-学の力を活用した、起業風土の定着に取り組む-

まず貴センターがどのような取組みを展開されているのか、お聞かせください。

産学官民連携センターは、大学や専門大学、短大といった教育機関と企業を繋ぐ役割を県が主体になって進める組織です。
高知県の場合ですと民間企業はやはり中小が多いので、研究開発分野では大手とは違う事情を抱えています。そういうところに「学」の力を活用していこうではないかというのが、一番の趣旨ですね。
もう一つは、”産業人材の育成”ということで、『土佐MBA』などの人材育成プログラムをやっています。この二つが大きな柱です。
加えて、今年から”起業”という分野、業を起こすということもサポートしようじゃないかということで取り組ませていただいております

高知での起業というと、どのような事業体・ビジネスが多いのでしょうか?

やはりまずは街中の商店などが多いです。一般的に言う「ものづくり」のような起業はごく限られているようでして、できればそういうものづくりのような領域の事業もどんどん出来てくればいいなと考え、活動しています。
高知県に限らずというところではありますが、人口が減って高齢化が進んでいますので、事業としてはまずまずやっていけるのに後継者不足で廃業してしまうというケースが非常に多いんですね。
この状況を挽回するには、様々な取組みがある中で、新しい業を起こすという手法も非常に重要であると考えています。

新しい業を起こす際に『ココプラ』と一緒に取り組むと、具体的にはどのようなサポートを得られるのでしょうか?

「学」活用の流れとしまして、ココプラには県の職員の他に大学からのコーディネーターさんがおりまして、案件があった場合はその人たちが相談に乗ります。それぞれお話を聞き、そこから適当な研究や研究者の方に繋ぐという、仕事がベースにあります。人と研究機関をつなぐ窓口のようなものですね。

確かに一企業が単独で取り組むには容易でない領域ですよね。実際にはどのような事例があるのでしょうか?

多く相談の実績はありますが、現状はまだ”種まきの状態”と捉えていただいた方が良いかなと思います。
実例を挙げますと「微小気泡」、ファインバブルというのがありまして、水の中に目に見えないような小さな泡を溶かしこむことによって、植物の成長を促したり、物を洗う時に洗剤を使わなくても非常に綺麗に洗うことができたりといった技術の普及に取り組ませていただいた事例などがありました。
他にも鉄の化合物を有害物質の吸着に使う技術の商用化に取り組むなど、研究領域との協働が活かされています。

なるほど。起業や事業展開を、外部との連携しながら取組む動きが増えているんですね。

そうだと思いますね。それはココプラができたというよりは、知事が変わって産業振興計画を中心に、「小さなものでも、取り組みをどんどん増やしていこう」という県全体としての起業や協働の気運がだいぶ上がってきたことが背景にあるように思えます。

%e5%9b%b32(ココプラ内にて行われるRYOMA説明会の様子)

-『RYOMA』の取り組みを、運営者と参加者がお互いに協働して創り上げていきたい-

改めてこの『RYOMA』というのは、どんな取り組みなのでしょうか?

地方では人口が減って、高齢化が進み、マーケットが小さくなっていくという状況があります。そこで県内だけでなく県外、あるいは世界に向かって伸びるチャンスがある事業を見出していこうというのが、この『RYOMA』の主な位置付けだと思っております。

『RYOMA』にエントリーするには、高知県のリソースを絡めることが必要と聞いております。エントリーされる方に向け、高知県のリソースを教えていただけますでしょうか。

やはり第一次産業は見逃せませんね。高知県は土地が広く、気候条件も非常に良いので農林水産物が豊富です。それから海も広いので水産関係のものもたくさん取れる、農林水の資源は豊富にありますね。歴史的に植林も全国的にトップの比率なので、木材の生産量も非常に多い。なのでベースになるものはそこかな、と思いますね。
それから伝統的なものづくりの技術、職人も強力な高知県の人的資源ですね。世界に誇る和紙の技術があり、林業が高知県で盛んであるという背景もあって刃物の技術が発達しているなど技術的資源もあります。
新しいものに対する開放的な体質や受容性といったものは、県民の特性としてありますので、新しいチャレンジにはいい環境だと思いますね。

RYOMAにエントリーする方へ向けてメッセージをお願いします。

我々としても初めての取組みですので、運営者と参加者がお互いに協働して創り上げていきたいと考えています。そういう意味では優劣を決めるだけのコンテストではなく、エントリーいただいたプランを一緒に実現させていくことを目指したいと思っていますので、いろいろな方にチャレンジャーとして参加いただければなと考えております。