L.I.P.tottori

おおきな砂場でなにしよう?

【5月13・14日】2Days Bootcamp

ビジネス開発を行う基礎力を身につけるためのビジネストレーニングワークショップを開催します!
ビジネスを立ち上げるための基本的な考え方を、講座・ワークショップ形式で実施していきます。
日程
【Day1】2017年5月13日(土) 10:00~18:00
【Day2】2017年5月14日(日) 10:00~18:00
場所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-34-12 GOB Incubtion Partnersオフィス
(東京都渋谷区千駄ヶ谷2-34-12 JR千駄ヶ谷駅より徒歩9分)
参加費:無料
備考
※原則として全コンテンツへのご参加をお願いします。
※遠方の方に向けてSkype等で繋いで対応させていただきます。

コンテンツ内容

Day1
・入門編”デザインシンキング”の体感と実践

designthinkingDay1 第1部 10:00~13:00
昨今ビジネス構築手法の一つとして確立されている、デザイナーの視点・手法によってサービスやプロダクトを開発・ブラッシュアップするプロセスである『デザインシンキング』をワークショップ形式で体感・実践していきます。入門編としてご用意しております。
講師:高城 栄一朗

・ユーザーインサイトを掴むビジネスエスノグラフィの手法と事例

fieldworkDay1 第2部 14:00~15:30
文化人類学や社会学を背景に、フィールドワークやエスノグラフィによって複雑化した現代のビジネスを切り取る手法が生まれています。顧客のニーズやインサイト(潜在的な願望)を定性的に捉えるための手法・考え方を、実際のビジネスエスノグラフィを実施した事例と共にお伝えします。
講師:久保隅 綾

・強いビジネスモデルと収支予測を組み立てるためのワークショップ

bizmodelDay1 第3部 15:45~17:45
シード(種)の段階であるビジネスプロジェクトは、往々にして素晴らしいコンセプト・着眼点を持つものの、マネタイズやビジネスモデルといったお金の生み出し方が確立されていない・不確実性が高いといったことがあります。ビジネスモデルキャンバスとシミュレーションモデルを学ぶことによって、プランのビジネスモデルをより強固なものへとしていきます。
講師:若松 誉典

Day2
・脳科学を応用したプレゼンテーションの技法

presentationDay2 第1部 13:30~15:30
どんなに素晴らしいビジネスも他者に伝わらなければ成長できません。物事の意味や文脈の”認知”には一定のパターンやプロセスがあり、認知しやすいストーリーを作り込むことによってプランはより魅力的に語られます。講義兼ワークショップ形式で進行していきます。
講師:山口 高弘

・PRの現場担当者とプロモーションの視点からビジネスアイデアを見つめ直す

promotionDay2 第2部 15:45~17:45
あらゆるリソースが不足しがちな新規事業にとって、適切なメッセージをプロモーションしパブリシティを得ていくことは非常に重要です。講義兼ワークショップ形式で、各々のビジネスプランの簡易的なプロモーション案を考えていきます。入門編としてご用意しております。
講師:滝本 悠

※コンテンツは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

講師一覧

高城 栄一朗 / Day1 第1部
takagi2012年、一般社団法人日本を創り継ぐプロジェクトの立ち上げに参画。プロジェクトの推進をおこないながらワークショップ設計・ファシリテーション・デザイン思考を学ぶ。2013年からライフイズテック株式会社、株式会社CA Tech Kids、明治大学にて情報技術とデザインを基本領域とした価値創造のためのワークショップを数多く設計・運営する。2014年に「日本を創り継ぐプロジェクト」の代表に就任。デザイン思考を軸としたワークショップの設計とファシリテーターの育成に注力する。2015年からはGOB Incubation Partners株式会社にてデザイン思考教育プログラムの企画・運営およびCXデザイン・サービスデザイン案件を担当している。
久保隅 綾 / Day1 第2部
aya2001年明治大学法学部卒業。2009年東京大学大学院学際情報学府修士課程終了。精密機器メーカーR&D部門研究所での生活者調査、ライフスタイル・ワークスタイル研究を経て、2010年4月より大阪ガス行動観察研究所にて行動観察やフィールドワークをベースとした調査研究、サービス現場の改善や製品サービスの機会領域発見、コンセプトデザイン作りなどに携わる。現場のリアルな課題を発掘し、ヒューマンセンタードな視点からニーズを探る。東京大学大学院学際情報学府博士課程在学中。主な関心はテクノロジーと人とのかかわり、IT・メディア利用行動、イノベーションを生む組織など。他者理解と自己内省を通じて、個人や組織の機会や可能性を開発することを探求している。
若松 誉典 / Day1 第3部
wakamatsu
慶應義塾大学法学部法律学科を卒業後、東京海上火災保険株式会社を経て、アドバンテッジリスクマネジメントに参画。同社にて、東京海上グループとの共同事業(企業向けのメンタルヘルスケアサービス)等の新規事業立ち上げ、各事業の中長期戦略立案に携わる。また、同社IPO時の主要メンバーとして、ベンチャーのIPOプロセスを経験。その後、コンサルティング業界に移り、アクセンチュア(戦略)、エム・アイ・パートナーズ等で、新興企業や農業・環境等の新しい課題領域における大手企業/自治体のプロジェクトを担当。コンサルティング業務と並行し、大学生・中高生向けの課題解決型学習プログラム(インターンシップ等)の開発にも携わる。
山口 高弘 / Day2 第1部
yamaguchi-300x300元プロスポーツ選手、19歳で不動産会社を起業、3年後に事業を売却。直後に旅行事業を立ち上げ2年後に売却と、連続的に事業を創造。前職の野村総合研究所ではビジネス・イノベーション室長として主にイノベーション創出をテーマに新規事業開発支援を展開。主に0→1および1→10フェーズでのインキュベーション実績が豊富。アパレルメーカーの新ブランド開発(同種カテゴリーで過去最高の売上を記録)、国内最大級情報メディアプラットフォーム戦略アドバイザー、売上約100億円インターネットベンチャー経営者への事業スーパーバイズなど。GOB-IPでは主に若い世代がイノベーションに挑戦するためのマインドセット創り、事業化支援、キャンプ等を実施している。
 滝本 悠 / Day2 第2部
takimoto大学を卒業後、創立メンバーとして参画。大手企業における新規事業創出や外資系自動車会社とのマーケティングプロジェクト、カスタマーインサイト抽出の調査案件や次世代リーダー育成研修などに携わる他、俳優・映画監督の伊勢谷友介氏らが立ち上げるREBIRTH PROJECTと共に教育プロジェクトを展開。その他デザイン領域にも関心を持ち、デザインシンキングを活用した小学生向けアフタースクールの立ち上げや、都内高校におけるコミュニティデザイン等の授業実施、ウェブサイト制作等グラフィックデザインも手がける。 最近では、スマートフォンで乾電池の出力をコントロールするIoT製品『MaBeee』の立ち上げに参画。マーケティングディレクターとして、マーケティング面全般を担う。