Concept

私たちは“農耕型”インキュベーションファームとしてのスタートアップ・サポート

農耕型インキュベーションとは、イノベーターにフォーカスした造語です。今までの投資スタイルにおける狩猟型に比べ、まるで米(こめ)を育てるかのようにイノベーターを育成し、その結果、投資してリターンを生む、一連の活動を指します。

日本で革新を巻き起こす(予感のする)人材と、起業を志向している人材にはあまりにもギャップがあります。人材を2つの軸で見てみましょう。才能があるかどうか、起業を志向しているかどうか。現状では、日本には起業を志向し、かつ才能ある層は少ない。一方で、才能はあるが起業は志向していない層は多い。才能は眠っているのです。

そうであるならば、農耕型の手法こそが日本にマッチしたやり方です。日本で、狩猟型で必死にスタートアップを支援するよりも、才能はあるが起業は志向していない層が、時間をかけながら志を持ち、起業へとそのベクトルを振り向けていく。農耕型でチャレンジする人材がスタートアップすることで、世の中を変える人材が出る確率は上がっていきます。

我々GOB Incubation Partners は、「農耕型インキュベーション」プラットフォームの構築と展開を目指しています。

重視するコンセプトは半起業です。法人を立ててスタートアップする前にインナースタートアップというステージを設けています。

GOB-IP社内で社内起業を行い、起業家としての実力をプロのメンターからのコーチングによって高め、また信用補完と資金確保により本業に集中する環境を整え、事業を熟成していきます。